So-net無料ブログ作成
検索選択

風底

0105.jpeg
nt_160105


遠くの蒼黒い峰から
びゅうびゅう風が吹いてくる

河は白く波立って
水鳥が流されている

世を厭う呟きが
連なり連なる


廃屋の主

0104.jpeg
nt_160104


揺れるたびにキシキシと鳴る
発砲スチロールを
荷台に括り付け
錆の浮いた自転車に乗った
お爺さんが
甲高い音を立てながら
ブレーキをかけ
目の前で止まり話しかけてくる
白濁した瞳で見つめてくる
風の音が凄くて
声はどこかに吹き飛ばされる

自分は父親だと言って
ヨロヨロと走り去る

そういえば父親は
どんな顔をしていたのだろう


世界の真ん中にいます

0103.jpg

薄墨を流したような
世界に
少しだけ日が差した
気がしたので
少しだけ足を出してみる

灰褐色の空を見ながら
何錠もの薬を無理矢理流し込む

とたんに動きが緩慢になり
大丈夫です
と言っているのに
誰かが僕を押さえつけるのです


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。