So-net無料ブログ作成
検索選択

春嵐

0330s.jpg

隙間風と砂埃に閉口しながら
建付けの悪い窓を押さえる
遠くで何かが転がり
飛んでいく音が何処迄も響いている
青白い炎が地平の向こうで揺れている
ピッコロの様な風切り音が何時迄も鳴り止まない

霾曇り

0329s.jpg

よなぐもりのそらを
ふかいながんきゅうを
しばたせながら
ぐるっとみわたして
くしゃみをひとつする

白木蓮

0328s.jpg

日当りのいい庭先に
拳ほどの白い蕾
白文鳥が枝中にびっしりと
止まっているよう

0327s.jpg

煙った空気と
強い風に息が詰まる
何時か駱駝の様になるのかも

踏青

0326s.jpg

青を踏んで
ゆっくりゆっくり
歩き出す

爪先のその先

0325s.jpg

薄日の薄影に
氈の様な枯れた芝草が
蠢いている
身すがらで佇み
高架の向こうの不定形を眺める

散華

0324s.jpg

地平の蒼い弧と
北から流れてくる煙に
斑に染まる梅の花

鳥雲

0323s.jpg

雲間に覗く
青空に
鳥雲が消えていった

遠くの跫音

0322s.jpg

歪んで流れる風景と
遠くからの跫音
鬼子の泣き声が踊り場に響く

逝くごとく

0321s.jpg

不安定な雲の下
川縁の路を
原色の人が駆け抜けていった

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。