So-net無料ブログ作成

廃屋の主

0104.jpeg
nt_160104


揺れるたびにキシキシと鳴る
発砲スチロールを
荷台に括り付け
錆の浮いた自転車に乗った
お爺さんが
甲高い音を立てながら
ブレーキをかけ
目の前で止まり話しかけてくる
白濁した瞳で見つめてくる
風の音が凄くて
声はどこかに吹き飛ばされる

自分は父親だと言って
ヨロヨロと走り去る

そういえば父親は
どんな顔をしていたのだろう


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。